有機JAS(オーガニック米) 鴨農法米コシヒカリ精米

※※※※※ お米総生産量の0.2%しかない合鴨農法でつくった無農薬の新潟コシヒカリです。 コシヒカリ。一味違う新潟県下田産のコシヒカリをこの機会にご賞味ください。

※商品の発送は9月20日頃から順次発送予定です。 ※※※※※


産地直送!合鴨農法、有機栽培(オーガニック)で安心・安全な美味しいコシヒカリをお届けいたします。

完全無農薬無化学肥料の有機栽培米です。(有機JAS認定)
前作のもみ殻や稲わら、発酵鶏糞等の有機質肥料で育てました。
大事に育て、収穫後は大粒を選別しました。
美味しい昔ながらのコシヒカリです。

自然にやさしいものは、人にも体にもやさしい

当農場のある新潟県三条市下田地区は、周囲を山に囲まれた自然の豊かなところです。
地域の中央には五十嵐川が流れ、信濃川に注ぎ込みます。

地元の自然を守り、下流地域の水源も守る有機栽培の取り組みは、安全で安心して召し上がって頂ける農産物を育てることにもなっています。


美味しい米をお届けするために

〇 土づくり - もみ殻や稲わら等には乳酸菌等の微生物がおり、田んぼにすき込むことで有機物を分解します。稲を健康に丈夫に育てる第一歩です。
〇 きれいな水 - 広葉樹の多い山々から流れる水を集めた農業用水を使っています。山の間を流れる用水は夏でも結構冷たいです。
〇 栽培管理 - 近年の猛暑は稲作においても、影響は大きいです。水の管理、穂肥のタイミングなど毎年生育状況を見ながら的確に判断します。
〇 合鴨農法 - 田んぼの草取りは有機栽培にとって大きな課題です。雑草はあきれるほど早く大量に生えてきます。そして、雑草が病気や害虫の温床となってしまうのです。合鴨を田んぼに放し、草を食べてもらいます。残ってしまうこともあるので、機械、道具、人手、総動員で草取りです。
〇 大粒の選別 - 収穫後の小さい米を取り除く選別をするときに、大きな目の網を使っています。これにより大きな米粒を選別しています。
お米の一粒一粒を味わっていただけると思います。

コシヒカリBLではありません。昔ながらのコシヒカリです。
当農場の「コシヒカリ」は、いもち病に抵抗性を持つように改良された「コシヒカリBL」ではなく、「コシヒカリ」が美味しいと言われた当時からの純粋な「コシヒカリ」を栽培しております。
※「コシヒカリBL」は、遺伝子組み換えではありません。

【有機JASとは】
①化学合成農薬や化学肥料/化学合成土壌改良資材を3年以上使用せずに堆肥等(有機肥料)による土づくりを行った田畑で栽培
②栽培期間中も禁止された農薬、化学肥料は使用しない
③遺伝子組換え技術を使用しない
「有機JASマーク」は、国に認められた認定機関の認定を受け、厳しい生産基準をクリアし生産された有機(オーガニック)食品にのみ付けられるマークです。

※※※※※ ※商品の発送は9月10日頃から順次発送予定です。 ※※※※※

最新情報・お得な情報は各SNSで発信中!

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • youtube