地元さつま芋から『五輪峠』誕生!

今年の春、この三条下田地域の特産でもあるさつま芋の生産者たちと地域おこし協力隊が企画して商品化された芋焼酎『五輪峠』。

初回約1200本程がすぐに完売し好評だったため、平成三十年春の発売が決定したそうです。

運よく地元のつてで飲ませて頂きましたが、そのお味は…

「これは美味い!」、さつま芋の香りが抜群に良く、すっきりとしていてまろやか、かつ、さつま芋の味もしっかり楽しめました。

芋焼酎といえば九州地方の個人的には薩摩焼酎が頭に浮かびます。

『五輪峠』の話を最初に聞いた時、すでに全国的にブランド化された九州の芋焼酎には到底太刀打ちできないであろうと思っていましたが、飲
んでみて考えは一転、下田産芋焼酎「五輪峠」の可能性はまだまだ未知数です!