ホーム
田んぼ 畑 牧場 事務所 キノコ 農産物加工所 農家レストラン ネット販売

有機栽培

有機栽培やオーガニックと表示できるのは?

「オーガニック」とは「有機栽培」の意味ですが、食品に「有機○○」「オーガニック○○」の表示をするには「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)」の適用を受ける必要があり、認定された食品である事を証明する「有機JASマーク」の表示が必要になります。
これに違反した場合は、罰則を課せられるになります。

農林水産省/有機食品の検査認証制度 (http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html)

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、その結果、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。
この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています。

 

お米の袋に「有機JASマーク」を貼るためには

1.まずは、下記の要項を充たす必要があります。

  • 化学合成農薬、化学肥料及び化学合成土壌改良資材を3年以上使用せずに堆肥等(有機肥料)による土づくりを行った田畑で栽培したもの。
  • 栽培期間中も禁止された農薬、化学肥料は使用しない。
  • 遺伝子組換え技術を使用しない。

※化学合成農薬、化学肥料及び化学合成土壌改良資材は使用できません。

2.上記の要項を充たしたら

申請書と添付書を「農林水産大臣」に登録認可されている「登録認定機関」に申請します。
当社は、日本農林規格登録認定機関「NPO法人 赤とんぼ」(http://www.akatonbo.or.jp/)に申請しました。
日本農林規格登録認定機関「NPO法人 赤とんぼ」により行われる検査

書類審査及び実地検査により、
(ア) ほ場又は加工場が有機の生産基準(有機JAS規格)を満たしていること
(イ) 当該規格に則して生産できるよう生産管理や生産管理記録の作成が適切に行うことが出来ることを確認することにより行う。
となっています。
3.検査を受け、その結果、認定された後は?

認定をされると、重大な過失による取り消しを求められない限りは有効ですが、国による「有機農産物抜きうち検査」と「有機圃場や施設の抜き打ち検査」があります。
 
また、
「登録認定機関は、生産農家や製造業者が認定後も有機JAS規格に基づいて生産を行っていることを確認するため、最低1年に1回、調査を行う。
となっていますので最低1年に1回は「登録認定機関」(当農場は、NPO法人 赤とんぼ)から調査を受ける事になります。
4.その他

有機JAS規格には、農産物の収穫から保管、出荷するまでの基準や組織作りや内部規定などの記述があります。
5.もっと詳しい事を知りたい方は、下記のURLをご覧ください。

http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html
http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/nosan_hand_book_2011.pdf
http://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/yuuki_yokogami.pdf

 

三四郎ブログ
ホーム田んぼ牧場事務所ネット販売農産加工所キノコ農家レストラン契約栽培農業体験簡単な農場の説明
有機JAS米減農薬・減化学肥料米お問い合わせ会社概要プライバシーポリシー相互リンクサイトマップ
Copyright (C) 2012 “ECHIGO SANSHIROH” Co., Ltd. All Rights Reserved.