ホーム
田んぼ 畑 牧場 事務所 キノコ 農産物加工所 農家レストラン ネット販売

田んぼ

有機JAS合鴨農法での水稲栽培

当農場では、平成14年春より農薬・化学肥料を一切使わない鴨農法田を私(三四郎)が約30アールから始め 平成15年に仲間が2人入り約2ヘクタールまで増やしました。
平成18年には、更に1ヘクタール増やしましたが鴨が狐、狸、イタチなどの外敵に襲われたのが原因により、田んぼに多くの雑草が生えました。その田んぼはその年、有機栽培を諦めざるを得ませんでした。

そして、平成19年春 鴨農法をする仲間と≪えちごやCOME農場≫グループとして、『有機農産物』の申請をし、平成19年8月7日 有機JAS認証されました。

今年(平成24年)は、新たに104.8アールの田んぼ(有機JASへの転換一年目)を増やし、今までの167.7アールの田んぼ(有機JAS)と合計すると272.5アール(内えちご三四郎が約242アール分を栽培しております)になります。

米作りの作業-稲の作業暦

3・4月の作業内容
  • 種子のお日さま消毒(初旬:2日間程度)
  • 温湯消毒
  • 浸種
  • 芽出し
  • 床土作り
  • 播種
  • 露地プール育苗・苗の水管理
  • 畦塗り(トラクター 畦塗機)
5月の作業内容
  • 露地プール育苗・苗の水管理
  • 施肥(ボカシ肥料・醗酵鶏糞)
  • 耕起(トラクター)
  • 荒代掻き(トラクター)
  • 植代掻き(トラクター)
  • 田植え
  • 畦畔草刈り
6月の作業内容
  • 田んぼの水管理
  • 畦畔草刈り
  • 鴨放鳥(20羽/10a)
  • 除草作業
  • 手作業による草抜き
7月の作業内容
  • 田んぼの水管理
  • 畦畔草刈り
  • 鴨引き揚げ
  • 手作業による草抜き
  • 溝切
8月の作業内容
  • 田んぼの水管理
  • 畦畔草刈り
  • 手作業による草抜き
9・10月の作業内容
  • 田んぼの水管理
  • 畦畔草刈り
  • 稲刈り(コンバイン)
  • 乾燥
  • 検査
  • パネル冷蔵庫で保管(玄米・13℃以下で貯蔵)
10・11月の作業内容
来年の準備
  • 発酵鶏糞撒き
  • 耕起(トラクター)

安全で安心、環境にも優しい「有機JAS栽培」。

有機栽培では、たい肥などの有機質肥料を使います。化学肥料のように即効性がない分、肥料がゆっくりと効いて稲もストレスが無く、しかし力強く育っているようです。
有機JASでの栽培だけが安全で安心だという訳ではありませんが、農薬や化学肥料を全く使用していないのですから、食べる人や生産者もその点については安全で、安心できると思います。今の科学が万能ですべてのリスクをコントロールしている訳ではないのですから。
また、当農場のある新潟県三条市江口は旧下田村で自然の豊かなところです。たくさんの生き物や植物に囲まれた中で稲が育っています。通常の栽培より収穫できる量は少なくなりますが、この美しい自然とおいしいお米を子供たちへ伝え、残したいというのが私たちの率直な気持ちです。

 

「有機JAS栽培」と言うには厳しい条件があります。

  • 化学合成農薬、化学肥料及び化学合成土壌改良資材を3年以上使用せずに堆肥等(有機肥料)による土づくりを行った田畑で栽培したもの。
  • 栽培期間中も禁止された農薬、化学肥料は使用しない。
  • 遺伝子組換え技術を使用しない。

上記の条件をクリアし、「農林水産大臣」の認可を受けている「登録認定機関」(当農場では、NPO法人 あかとんぼ)が認証して、始めて有機JASや有機栽培とお米(袋)に表示出来ます。
当農場の有機JAS 認定番号 「A-07-0066

aigamo1-1

合鴨と一緒に米を作っています。

田植え後、一週間くらいしたら、合鴨を田んぼに放します。合鴨は群れになって田んぼの中をすいすい動き回り、雑草を食べてくれます。有機栽培にとって雑草の退治は大きな仕事です。雑草は病気や害虫の発生源になるだけでなく、繁茂しすぎると収穫の量がかなり減ります。除草には機械や道具も使いますし、人が作業することもありますが、合鴨パワーはとても大きいです。また、合鴨の糞は肥料となり稲の栄養になりますので一石二鳥です。

aigamo2-2

これからも有機栽培や減農薬減化学肥料栽培での米作りを推進していきます。

安全・安心でおいしい農産物作りと自然環境の保全を目指すことは私たちが農業をする上での大きな指針です。
除草作業の大変さや栽培管理・品質・収量の問題もありますが、有機JAS栽培・減農薬減化学肥料栽培の技術や技能を次の世代に伝えて行きたいと思います。また、有機JAS栽培面積も増やして行きたいと思います。

 

当農場で栽培している米の品種

当農場では、水稲を有機JAS減農薬・減化学肥料(5割減の農薬と化学肥料)で栽培しております。
有機JAS栽培
昔ながらのコシヒカリ
華麗舞(カレーライスやチャーハンなど調理に合わせた米です。)

有機JAS転換期間中
越のかおり(米粉麺用の品種です。)

減農薬減化学肥料栽培
みずほの輝き(冷めてもおいしい米です。おにぎりやお弁当にどうぞ。)
・昔ながらのコシヒカリ
・こがねもち(もち米の中でも最高級と言われています。)

当ネットショップにて販売中です。是非お召し上がり下さい。おいしい三四郎のお米食べてね!

三四郎ブログ
ホーム田んぼ牧場事務所ネット販売農産加工所キノコ農家レストラン契約栽培農業体験簡単な農場の説明
有機JAS米減農薬・減化学肥料米お問い合わせ会社概要プライバシーポリシー相互リンクサイトマップ
Copyright (C) 2012 “ECHIGO SANSHIROH” Co., Ltd. All Rights Reserved.