ホーム
田んぼ 畑 牧場 事務所 キノコ 農産物加工所 農家レストラン ネット販売

三四郎ブログ

カテゴリ:農場日記

【えちご三四郎便り】2017年1月版

2017年01月18日

えちご三四郎便りの2017年1月版ができました。

ぜひ、ご覧ください。

簡単コラムやレシピ、下田地域の風景写真を掲載しています。

「お米の年間一人当たり消費量は50年で半分以下!」

 

 

えちご三四郎便り2017年1月

【コラム・レシピ】発芽玄米食のすすめ

2017年01月12日

発芽玄米食2
 ↓      ↓      ↓      ↓      ↓

 

最近の健康食ブームで注目を浴びている「発芽玄米」

一般の方は市販品を買われる方がほとんどですが、少しだけ手間をかければ、美味しく安心な発芽玄米がご自分で作れます。

白米では感じられない「生きているお米」を実感できます。育てる楽しみも感じて頂けたらと思います。

発芽玄米芽だし1

作り方の前に、そもそも発芽玄米とは?なぜ注目されているの?について少しご説明します。

稲を収穫して一番外側のもみ殻だけを取り除いたものが玄米、玄米を水に浸してわずかに「胚芽」を発芽させたものが発芽玄米です。
玄米の外側にある「ぬか」と「胚芽」を取り除いたものが白米です。
発芽玄米は、もともと玄米の持つ豊富な栄養素に加えて、成長(発芽)する過程で酵素が活性化して更に栄養価が増します。
また、玄米よりもやわらかい為、食べやすく消化も良くなります。

炊くのも簡単。発芽するためにお米が水を吸収するので、白米と同じ方法で手軽に炊飯ができます。

もう少し細かく発芽玄米が注目される特徴をいくつか挙げてみました。

白米の10倍以上、ギャバ( γ-アミノ酪酸)の働きにより
・血圧上昇を抑制
・ストレスの軽減
・血中コレステロールや中性脂肪低下作用

食物繊維が多く
・便秘の解消
・悪玉菌や有害物質を減少させ腸内環境を整えてくれる

発芽により
・玄米に含まれる豊富な栄養素の吸収率が高まる

などこの他にも健康体に効果的な要素が多く含まれています。
そして何より美味しい!

発芽玄米炊き上がり
玄米よりも食感がもちもちとして柔らかく、食味も楽しめます。
玄米に含まれる残留農薬が心配という声も多いですし、実際その可能性があります。
ですので、無農薬栽培か低農薬栽培のお米をおすすめします。
市販のものは一度乾燥したものが多く味が落ちてしまう場合も多いようですので
ぜひ、ご自宅で一度作ってみてください。
個人的には発芽玄米のカレーライスは超おすすめです!

jidori_curry2

ご自宅で作れる(育てる)発芽玄米レシピこちら

【えちご三四郎便り】2016年12月版

2016年12月10日

えちご三四郎便りの2016年12月版ができました。

ぜひ、ご覧ください。

簡単コラムやレシピ、下田地域の風景写真を掲載しています。

「これから日本の食糧は?」

えちご三四郎便り2016年12月

アイガモちゃん。スタンバイ

2014年05月15日

 

鴨舎by2014ゴールデンウィーク明けに、アイガモちゃんがやってきました。たった1週間で 体は2倍ほどに成長!可愛らしさが薄れてゆくぅ~~ (T_T)

今年は新しい飼育場をつくり、今日お引越しさせてあげました。

今週中に水を張って 6月の田んぼデビューまで暫くの間、英気を養ってもらいます。

アイガモちゃん2014今年も田んぼで大活躍してもらいましょう。

 

 

 

栄養満点の…

2014年03月26日

四十数年生きてまいりました私ですが、これまで様々な食べ物を口にしてきました。

良く聞く話かもしれませんが、〝ワニの肉〟や〝カンガルーのシッポ肉〟〝サソリの素揚げ〟〝蜂の子(幼虫)〟〝孵化寸前のニワトリの卵〟など、ちょっと変わったものを、チャンスがあれば積極的に食して(チャレンジして)きました。

b-アイガモのたまご

<灯台下暗し>とでも言いましょうか、この度、人生初の「アイガモの卵」を食べました。

そうです!田んぼの除草部隊として大活躍したアイガモ達は、卵を産むくらいに成長しているのです。

どうやって食べるのが食レポに役立つだろうか?と悩みました。だって1個だけなので。

 

 

で、にいがた地鶏の卵と同じく、ナマで頂く事にしました。※嫁は若干 引き気味でしたが…(^^;

卵の殻は青緑っぽい白色で、野性味あふれる硬さでした。一般のたまごの2倍程度の硬さでしょうか。これをヒナが破って孵化すると思うと、かなりの労力でしょう。生命力を感じます。

パカッと割って、ご覧のとおり黄味が鮮やかなレモンイエローをしています。

箸で黄味を持ち上げると、潰れずに白身と分離して黄味だけ掴めます。

黄味を箸で半分に割ると、その弾力に驚きました。かなり〝ねっとり〟というか〝もっちり〟としており、温泉卵のようです。(←言い過ぎかもしれませんけど。)

「卵を溶く」とすれば、黄味と白味は簡単に混ざらない感じ…な、弾力がありました。

さて、そのお味は?と言うと、普通でした。(せっかくここまで話を引っ張ったのに。)特有のクセがあるわけでもなく、いたって普通。ただ、黄味のねっとり感は強烈で舌に絡みついてくる感じです。

中国や韓国あたりでは、滋養を付ける目的で<鴨の卵>をチョイスするらしいです。とすれば、栄養価がすんごいっ!ってことでしょうか。

これまた残念ながら、体調はすこぶる良いので、滋養効果についても自覚できませんでした。

Moneyでは得られない、記憶に残る経験に感謝です。

新潟地鶏は元気ですよ。

2013年07月04日

7月3日、3度目のヒナが入雛(にゅうすう)しました。

折角なので写真を…と、鶏舎に行くとみんなオヤスミの真っ最中でした。

1羽を手に取りパチリっ。

ヒナ鳥-3回目

 

手に乗せられても目を閉じて、本当に眠そうですね。

フワフワで とてもカワイイです。

 

 

 

 

 

そうそう、初めて(5/1)にやって来たヒナたちも、立派になりましたよー!(^o^)/

ほらねっ

027

カメラを向けると「なになに??」って感じで、レンズに向かって じんわ~りと寄ってきます。

 

ガッチリと逞しい脚が、地鶏の風格を一層感じさせますね。

 

 

 

 

合鴨、田んぼデビュー!

2013年05月31日

5月31日

今月の始めに農場にやってきた合鴨たちを田植えの終わった田んぼに放しました。

みんな一生懸命草や虫を探しています。

CIMG0495

写真を撮ろうとすると逃げてしまいます。

CIMG0497

草取りは任せました!よろしくお願いします!

 

新潟地鶏のひなが来ました。

2013年05月07日

5月1日

待望の新潟地鶏のひながやってきました。

小さくてかわいいひなです。

CIMG0486人に驚いています。

発芽した苗箱を外に並べます。

2013年04月25日

4月25日

今日は、苗箱を外に並べます。種もみから芽が少し出ています。

えちご三四郎の育苗はプール育苗と言います。平らな地面に鉄のパイプで囲って、シートを敷きます。その中に苗箱を並べて水を張ります。プールの上から薄いシートをかけて寒さを防ぎます。ビニールハウスの中で育苗する方法もありますが、ハウスがいらない分コスト減できます。作業もこちらの方がやり易いと思います。

今日は天気も良く、暖かかったので苗にも良かったです。春は天候(気温)の変化が大きかったり、必要な作業が出来ないと作物の生育に影響してしまうので結構気を使います。

ちなみに農業では苗半作と言って、苗の出来がその後の生育や収穫まで大きく影響すると言われています。

CIMG0472並べている途中です。

CIMG0475こんな感じで芽が出ています。

CIMG0478桜が咲いています。右側の遠くに見えるのが粟岳です。まだたくさん雪がありますね。

稲の種まき

2013年04月20日

4月20日

稲の種まきをしました。こちらでは「すじまき」といいます。種もみのことをを「すじ」と言います。

種まきには播種機というのを使います。苗箱を入れると自動で①土入れ②水かけ③種もみ播き④もう一度土かけ、と流れ作業をしてくれます。ただ、箱入れと土の補充と出来上がった苗箱を運ぶのは人力です。

土の補充と苗を運ぶのが結構重労働です。

ちなみに、播いたのは「コシヒカリ」「華麗舞」「こがねもち」など800枚くらい播きました。

CIMG0470

播き終わった苗箱は、発芽器という暖かい部屋に入れます。もうすぐ芽が出るよ。

ホーム田んぼ牧場事務所ネット販売農産加工所キノコ農家レストラン契約栽培農業体験簡単な農場の説明
有機JAS米減農薬・減化学肥料米お問い合わせ会社概要プライバシーポリシー相互リンクサイトマップ
Copyright (C) 2012 “ECHIGO SANSHIROH” Co., Ltd. All Rights Reserved.